テレビのない生活

テレビのない生活をスタートして約1ヶ月になる。
不動産屋さんとの交渉で、結局アンテナが立ててもらえなかった。

私たちは中古の築浅物件を購入した。
その際、色々な手直しをしてくれたのだけれど
前に入居していた人が、ケーブルテレビを入れていたのもあって
普通のアンテナは屋根に立っていなかった。
だもんですったもんだがあった。

テレビを観ない生活をして約1ヶ月。
もともとテレビはあまり見ない方だったけれど
テレビがない生活は、最初一週間くらいは寂しかった。
しかし慣れてしまうと意外に快適である。
ちょっとCMが恋しくなるときもあるのだけれど(笑)

もうちょっとしたら、もしかしたらテレビアンテナを立てるかもしれない。
ちょっと費用の面で、5万円の設置費用は痛い。
そこまでしてテレビを見たいか? と言うと今は、そうでもない感じ。

インターネットでもテレビを見れる。
私が愛用しているサイトは、パソコンテレビGyaO(ギャオ)である。
ニュースは新聞と、インターネットテレビで十分カバーできる。
懐かしいアニメもあり楽しい(^^)
テレビを見れなくなってから、このサイトを友達から知り
それから愛用している。

テレビがなくなって、色々と有意義に時間が過ごせるようになった。
無駄にダラダラと見なくなり、時間に余裕ができてきた。
読書をする時間や、検定試験の勉強をする時間が取りやすくなったこと。
のんびりとした気分になれるようになったこと。

映画が見れなかったり、娯楽番組を見れないのはちょいと寂しい。
今後、テレビアンテナを立てるかどうかは解らないけれど
テレビのない生活も案外いいものだ。と今は思う。
ぼーっとテレビを見なくなってから、夫婦の会話が増えた。
夜寝るのが早くなった。
私の場合は、利点の方が多いかな?と思う。

CMはすごい影響力があるんだな〜としみじみと思う。
新製品の宣伝を見なくなってから、新製品が何かわからなくなった。
スーパーなどで、たぶんCMでばりばり宣伝してそうな商品によく出会う。
しかしCMを見ていないと、さっぱり解らない。
浦島太郎になった気分でもあるけれど、商品を自分本位で選べる感じ。
ちょっと買ってみようかな? と言うのがなくなった。
特に生活に不自由を感じない。

言えるのは、余計な煩い事が減ったこと。
テレビから不快な感じを受け取らなくなったから。
自分本位で楽しめるようになったこと。
テレビアンテナを立てても、テレビを見ない日を作るのはいいかも(^^)
と思う。

(2005.9.19)