新しい土地

結婚して、新しい土地に来て寂しい時、困る時・・は沢山あると思います。
私は、兵庫県から静岡県に来たので悩みが多かったです。
来て3年目になりますが、まだ慣れない時があります。

そんな、遠くの知らない土地で新婚生活を送る人は、まず新聞を取るのがオススメです。
新聞屋さんに電話をかけて、どの新聞が安いか検討をするものいいかもしれません。
近所の少し、親しくなった人に聞いたり、なじみの新聞を取ったりと。
新聞には広告がついてくるので、なにげに見ているだけで地名がわかるし
様々な催しの情報が新聞にはあるので行ってみるのもいいと思います。
掃除にも使えて、便利だしね(^^)

正直、私は結婚当初、新聞はもったいないかな・・・と思って取ってませんでした。
そうしたら、浦島太郎になってしまいました。
テレビのニュースやネットニュースで大丈夫かと思ってましたが
新聞の情報までは、カバーできませんでした。
テレビ欄や、TOP記事、そして、すぐに見れる手軽さがいいと思ってます。

そして、地図を買ってくるのがいいと思います。
色々眺めて、ここに行きたい! と決めて出かけてみる。
最初は自転車で移動するのがいいと思います。
そして車で、冒険心をつめて出かけると楽しいと思います。
新聞で出てきた土地の名前を、地図で見て
私は少しずつ地名と位置を、おおまかに覚えて行きました。

そんな事をいいつつ・・
私は子供がまだいないので、子供がいない場合子供を通じての社会接触が少ない。
でも、働きだしたら知り合いもできるし、情報ももらえるのでまだよかったのかもしれません。
しかし・・・
私は、体がそんなに強くないのもあり働くのも躊躇し、世界がだんだん、限られてきてしまいました。

旦那が帰ってくるのが、すごく待ち遠しくて、待ち遠しくて・・。
まず、新しい土地に友達がいなかったから・・電話をして話す相手もいません。
母は他界していたので、母にも電話はできず。
買い物へ行くにも、近所には高いスーパーしかなかったし
車で買い物へ行くにも、道がほとほと解らなかったので怖くて運転できませんでした。
ここで、運転して飛び出していれば違ってたと思いますが気弱になっていました。
方言の違いが、だんだん寂しくなってきて。。

だんだん、ひきこもりになっていきました。
しかし、ある日
「私は、今、何がしたいのかな・・?」
と考えました。

独身の時、半年間だけ通った洋裁教室。
妙に、懐かしくなってきて。
電話帳で、ぱらぱらとめくったら教室があって
電話で色々と教室に相談して、通うことを旦那と相談して決めました。
それから、だんだん世界が明るくなりました。

教室で先生と話しながら、生徒さんと話しながら洋裁をしているうちに
だんだん、新しい土地が好きになってきたし
その頃になると、旦那の横で車に乗ってるうちに道も覚えてきて
だんだんと一人で行動ができるようになりました。

まず、新しい土地に来たらあせらないのと
自分で出かける、情報を少しずつ集める、自分を主体にして何がしたいか考える。
楽しいな〜と思い瞬間を増やしていくと、新しい土地が好きになれると思います。
かつての私みたいに、ひきこもりにならないようにしてくださいね。
とても辛いから・・。
外に目をむける気持ちが大切かなと思います。

正直、だんだんとひきももりになっていた時期は辛かったです。
内向的な考え方になるのも、料理にも力が入らないのも、何もかも。
故郷に帰りたいな・・・と思う気持ちが膨らんできて。
結局、その時の自分は、その土地になじんていなかった。
今、思うとそれだけだと思うのだけれど、辛かったかな。
旦那が優しかったので、そこまでひどくは辛くなかったけれど
もし、話をきちんと聞いて貰えなかったら・・
いきなり実家に新幹線に乗って、帰ってたかもしれないな。

今は、それなりに忙しく楽しい充実した日を送っています。
だんだんと友達もできてきました。
すぐに友達ができるタイプではないので、時間がかかったけれどね。
「慣れ」という、時間を必要とするものの大切さを感じています。

新しい土地に来て、私みたいにひきももってる方がもしいれば
焦らずに、楽しむ事を考えてください。
家計のことも、仕事をするのも、体を大切にしてがんばってくださいね。


© 2003 ふくちゃん & てっちゃん All right reseved.