自己紹介&前書き
昔、専業主婦時代、お手伝いさんの仕事をした。
ハローワークで見つけ、週1回で行った。
お医者様の奥様の家だった。
私のサイトを教えてあげたら喜んで見てくれ感想をくれた。
私に書くことを薦めてくれた。

奥様は画家だった。
美大をでた超お嬢様だった。
天皇陛下に弓を教える家系だった。
とんでもない家柄の奥様だった。
# 正直、話を聞いてぶっとんだ。

奥様の絵を描くスタイルは
『自分の絵を見て感動してくれる人が一人でもいたらいい。』
そんな気持ちで描いていたらしい。

私の文章を書く感性が素晴らしいと。
誉めてくれた。

読みやすいし、なんかほくっと温かくなる。
書いて欲しいといわれた。

色々な話をしつつ
自分のの中で色々なことが消化し、家事を教えてもらい。
そして、手土産に美味しいお裾分けもいただき幸せ。

次は、私は奥様にPCを教えることにもなり。
奥様は一生懸命覚え、入力もマスターしネットをした。
そのとき、PCを教えることに夢中にもなる。
自分の中で、第二の自分が生まれた。
また、奥様は母と眼差しがすごく似ていた。
しかし…ガンの病に倒れた。

人とは無常だと。
死の悲しみ。
私を人生のふちに追いやり、心を切り刻まれる。
そして、人の暖かさと生のぬくもりに安堵する。
自分の涙が頬を伝うとき、あぁ・・・。
私は生きている。
生きる貪欲さに芽生える。

私の足あとをちょびっと残したくて、サイトを作っています。
もし、あなたの心に何か心に残れば、それが私の足あとかな?
なんて(笑)

よろしくお願いいたしますm(__)
鶴亀福子(2009.6.11)
加筆訂正:2016.1.5

雑記帳TOP / 『やりくり上手』HOME

© 2009 ふくちゃん & てっちゃん All right reseved.