『距離感』と『距離間』

親友のお母さんに相談に乗ってもらいました。

親友の母さんは・・・
”そんなに焦らない、人の言うことを気にしない。”
そんなメッセージが沢山ありました。

派遣社員時代に色々とあったことがスコンといかず
悶々と自分の心の中でありました。

会社組織は、すぐに代わりの歯車を用意する。
違う歯車を用意できるのが会社組織でもあると。
ドライに考えつつ、人間関係を潤滑にすること。の大切さ。
また、自分の意見を伝えるときのこと。
人間らしさ、その人らしさ、個性、体制。

『自分よし相手よし世間よし』
そんな『中庸』と言うことが大切なだな、と。
しみじみ感じました。

私に足りなかったこと。
ずばり『大人になることができていない』こと。
大人の会社社会の彼女なりの見解を教えてくれました。
そして、次の目標点の話を重点的にしました。

”今後、どうすればよいのかと”

色々と話して…
私は会社に未練があり。
そして、会社生活が大好きだったことが解りました。
すごく頑張ったのも、仕事が好きだったからだと。
自分を素直に肯定することができました。

仕事を潤滑にしたかったから、自分なりに頑張った。
色々なことを解決し、うまいことしたかった。
でも、うまくいかないときはうまくいかない。
そして、こじれたら、もとには戻らないし大変になる。
かなり発展的な視線で話をしました。
今、社会は色々な変化を求めている。
また、会社もそれに沿って色々な改革を要求されている。
私のミニマムな人間関係の小さな悩みより
もっともっと大きい目で色々と物事を見つめるススメもありました。

話して思ったのは
”人と自分の距離感をすごく大事にしないといけない”こと。

また…
会社は、すぐに代わりの歯車を用意する。
また、違う歯車を用意できるのが会社組織だと。
ドライに考えつつ、人間関係を潤滑にすること。
また、自分の意見を伝えるときのこと。
人間らしさ、その人らしさ、個性、体制。
『自分よし相手よし世間よし』
そんな『中庸』と言うことが大切なんだなぁと。
しみじみ感じました。
大人の会社社会の彼女なりの見解を教えてくれました。
”今後、どうすればよいのかと”
話して思ったのは
”人と自分の距離感をすごく大事にしないといけない”こと。

まだまだひよっこだなぁと。
『40歳になると自分の顔に責任を持たないといけない』
とよく言われますが…まだまだ精進しないといけない感じです。


by ふくちゃん (Lie Roney Furuta)
Friday,March5,2010

雑記帳TOP / 『やりくり上手』HOME

© 2009 ふくちゃん & てっちゃん All right reseved.