ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 Blog メール リンク集 お役立ちHP
やりくり

 

アイデア家計簿
マイ・ホームの豆知識
ライフプランの豆知識
掃除・衣類の豆知識
暮らしの豆知識
キッチンの豆知識
節約の豆知識
還付金
美容・健康の豆知識
占い
オンラインショップ



袋わけ効果

私にとって、、袋わけは絶対必需品。
しかも1000円単位で分けています。
1万円でしたこともあったけれど、失敗ばかり・・。
銀行のATMの両替機能を使って、1万円を1000円札に両替する。
少し時間がかかるので、空いている時間を狙う。
銀行の窓口に行けるときはいいけれど、働き出してからは専らATMで両替する。


給料日は25日払いだけれど、引き落とし関係が月末あるので
それを見てから予算立てをする。
だから、月初めの1日から袋わけ生活をスタート。

私は、食費は前半・後半で少しこまかくわけ
あとは、ばさばさっと袋にいれてしまうやり方。
銀行へ再度下ろしに行くのだけは避けているかな。
致し方ないときはあるけれど、主に大きな買い物とか、緊急の出費のとき。

袋わけにもちょっとコツがある。
少しルーズになること!
予備費として、6000円前後、多めに作っておく。
その6000円のおかげで、銀行に走らずに済むし落ち込み度合いが激しくならないで済む。
ペットが調子悪くなったり、お葬式など急な出費がどうしてもあるからね〜。
そして余ったら、次の月にまわす。

袋わけの入れ物は、100円ショップのクリアケースを使っている。
テプラで見やすく、ラベルを貼っている。
パッと見たら一目瞭然だし、紙と違って丈夫。
最初、銀行の封筒を使っていたけれどすぐにボロボロになったの。。
だもんで、思い切って12個ほど買った。
5年経った今でもすべて現役で活躍してくれている。
それに、全部大きさも色もそろっているので気持ちがいい。
がんばるぞ!と月初めはかなりやる気にさせてくれる。

後は日々の家計簿をちょこちょこっとつけてしまえばいい。
レシートを一週間分貯めてつけるときもある。
でも、そこそこできている感じ。
使いすぎは、袋をみたらすぐにわかるしね。

あぁ、月末やば!
そんなときもあるけれど、乾物を利用したら、結構大丈夫だったりとする。

何度か袋わけが面倒になり、やらなかったときがあった。もうボロボロ。
袋をみれば一目瞭然だから、袋わけはとてもいいと再確認。
袋わけさえしていれば家計簿はつけなくてもいいかも?
と思ったりする。

私にとって、家計簿と袋わけはなくてはならないもの。
我が家の場合、家計簿をつけないのは
海図とコンパスを持たずに、航海に出るようなものかな。

もし、家計で悩んでいる方がいれば
ぜひ、袋わけをオススメします。
一緒に、家計のやりくりをがんばりましょう〜(^^)


ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る


c 2007 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved