ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 Blog メール リンク集 お役立ちHP
やりくり
アイデア家計簿
マイ・ホームの豆知識
ライフプランの豆知識
掃除・衣類の豆知識
暮らしの豆知識
キッチンの豆知識
節約の豆知識
還付金
美容・健康の豆知識
占い
オンラインショップ



『フライパン』長持ちのコツ

使い始めは「空だき」をする
油を使うフライパンや鍋などは、サビ止めの塗料が塗ってあります。それを取るために使い始めは、十分「空だき」をします。表面の酸化皮膜をはがしてしまわないようにやわらかいスポンジに洗剤をつけて洗ったら、もう一回、火にかけて大さじ2の油を入れ煙が出る程度まで加熱し、その後、油を全体に行き渡せたら少量の野菜くずを炒めます。そして油を捨てて、お湯で十分な油をすすぎます。
 
フライパンや鍋を長持ちさせるには
一度で大量に調理しない
フライパンや鍋などは古い油を大さじ1杯程度入れて、白煙が立つまで加熱し、その油は捨ててしまいます。そして、あらためて新しい油を入れて調理します。材料は大量に入れないようにしましょう。
 
フライパンの温度を十分に上げておく
肉や魚を冷たいままフライパンや鍋に入れると、加熱によって材料がへばりつき、その部分がこげてしまいます。これは、材料を入れたときに接触する部分の温度が急に下がってしまい、水蒸気が浮かんでいる間に材料の表面が固まりにくくなり、さらにフライパンや鍋と材料の間にタンパク質やデンプンが接着剤の役目をすることでへばりついてしまうのが原因です。

調理のときは、フライパンや鍋の温度を十分に上げておき、温度が下がらないように少量の材料を入れて瞬時に食材の表面を固め、へばりつきや焦げ付きを予防します。
 
使用後は、軽く油を引いて保存する
汚れたフライパンや鍋などを使う際に、研磨剤などで強くこすると、酸化皮膜や油の皮膜が落ちてさび付きやすく、焦げ付きやすくなります。お湯か洗剤で軽く洗う程度にします。

そして、洗った後は、水分だけを飛ばす程度に加熱し、油を引いて保存しましょう。
 
表面の黒い色の正体
鉄が高温で酸化され(サビ)ると、青みがかった黒いサビができます。これは普段目にする赤いサビとは異なり、内部にサビが進まないので鉄を守ることが出来ます。これは落とさない方が賢明です。フライパンや鍋の最大の利点は強火で調理ができることること。これを生かしましょう。



ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る


c 2007 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved