ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 Blog メール リンク集 お役立ちHP
やりくり
アイデア家計簿
マイ・ホームの豆知識
ライフプランの豆知識
掃除・衣類の豆知識
暮らしの豆知識
キッチンの豆知識
節約の豆知識
還付金
美容・健康の豆知識
占い
オンラインショップ



一戸建て or マンション

一戸建てにするか、マンションにするか…
だれもがマイ・ホームを考えるとき、悩むと思います。
私たちも悩みました。
結局、中古の築浅の一戸建てに落ち着きましたが、かなり悩みました。
マイホームを持つこと自体も、転勤とかのことを考えて…悩みました。

一戸建て マンション
利便 どうしても郊外型になる。
利便性はいまいちの傾向がある。
便利が良い土地に家を建てると価格が高い。
利便性がよい傾向が強い。
防犯性 外出時の鍵チェックが 裏口、窓....と必要。 鍵ひとつで外出OK
日当たり 日当たりが角地になると高価になる。
周囲の予測が立たないことが多い。
(建物が建ち、日当たりが悪くなることも)
相対的に日当たりが良い
前に大きな建物が建つ可能性がないと(線路前など)永久的に日当たりの心配はない。
蚊の発生がどうしても避けれない 4F以上くらいになると、窓を開放しても蚊がきにくい。
しかし、屋上庭園がある場合は上から来る可能性もある....
管理費 自主管理。
自分でお金を積み立てる。
管理費が必要。(約3万円〜)
修繕積み立て費は管理費に含まれるので
自主的に積み立てなくてよい。
部屋のグレードが高くなると、管理費も高くなる。
リフォーム かなり自由
手すりがつけられない構造だったりと、制限がかかる
リフォーム2 工事業者を自分で選べる。 マンションから指定されている事が多い。
ペット 自由 飼えるところも増えてきた。
しかし、頭数など制限あり。
高所恐怖症 問題にはならない高さ。 5F以上になると、高所恐怖症の人は不適
密閉性 低い 高い
温度 家のつくりと場所にかなり左右される 冬でも暖かい。夏は夜窓を開けて寝ても問題ない。
洗濯を干す 庭、テラスなど。風の強さをそんなに考えないでよい 高層になると、かなり風が強い。飛ばされることも。
場所、地域によりかなり差があり。 共働き夫婦などが多く、昼は静かな事が多い。
朝の出勤 エレベーターにより、左右されない。 マンションのエレベーターの具合により、待つことあり。
ゴミ出し 地域で管理。順番でゴミ当番もある。 マンションが管理。掃除もしてくれる事が多い。
場所によっては、24時間ゴミ出しOK
地震対策 各自で管理。
大地震の時には庭でテント生活が可能なことも。
耐震対策をかなり考えての建設が多い
火災対策 各自で管理。 非常警報装置、スプリンクラーなどがついているところも
子供 地域によって差がある 同世代くらいの人が多い。
表札 出さないと支障をきたすことが多い 表札をださなくとも、番号で郵便物が届く。
表札を出していない人も多い
宅急便 不在と受け取れない 管理人がいる場合は、受け取ってくれる
庭の手入れ 樹木によっては、植木屋さんが必要。
草取りも定期的にしなければ、荒れる。
植木鉢、プランターなどの手入れくらいで
草取りの必要はない
猫の被害 庭にふんをされたりと、問題になることも。 あまり考えなくてよい。自分の猫のことだけ
水害 土地によって大雨が降ると床下浸水の危険性もある ほとんど考えなくてよい
ご近所さん 親しくなる傾向が強い。
あたらずさわらずを皆、心掛ける傾向あり。
意外に顔をあわす事が少ない。
上階・下階・隣などから何らかの不平不満がたまり突然家にどなりこんで来んでくることも…。
玄関 比較的広い どうしても狭くなる傾向が・・
荷物 物置を作るなどできるので
どんどん増えていく傾向がある
広さに制限がかかるので、ある程度でおさまる
足音 気をつかわなくてよい 気を使う
洗濯機 夜中でもOK 夜は控える方がよい
お風呂 そんなに入浴時間などはわからない 窓が玄関の側についていると、入浴しているのがわかる
(でも、見えないようにはなっている)
お風呂の窓 だいたいつけている(自分で決めれる) ついていないこともある
トイレの窓 だいたいつけている(自分で決めれる) ついていない事がおおい
間取り 新築だと、自分で設計。 家事動線をよく考えて作ってある
価値の下落 土地の価値があるので、そんなに激しくない 激しいことが多い。ちょっと住むだけで値落ちが大きい。
買い物 場所によりけり。ちょっと不便なことも。 徒歩、自転車圏内で済ませれることが多い可能性大
部屋タイプ 自分で設定。
7LDKなども大型タイプも自分次第で可能。
3LDKタイプが多い。4LDKになると抽選多し。
町内会 場所によっては、かなり盛ん。
町内会はそんなに盛んではない。
マンションによっては自治会の方が盛ん。
賃貸にする 借り手を捜すのが大変。 利便がよければ、借り手が多い。
入り口 セキュリティー強化がむずかしい。
ゼコムとか。
オートロック。
モニターで確認できるので不審者無視がしやすい。
掃除 外回り、家の中とマンションに比べて多い コンパクトに済む。
駐車場 あらかじめ確保しておけば無料。 月々かかる。大きな車だと駐車がしんどい。
自転車、バイクでも駐車場代がかかることも。
来客 多くなる傾向あり。 一戸建てと比べれば少なくなる傾向あり
求めるもの 環境を買う 利便を買う



マンションは利便性がよく、住みやすいように設計されています。
土地に縛られる事が少なく、身軽に動ける傾向が強いと思います。

私自身、マンションにかなり意見が傾いていました。
機会あって、マンションに住む方の家に週1ですがお手伝いさんとして働くようになりました。
奥様は、一戸建てに住んでから、年齢を重ねて利便を求めてマンションに住みました。
様々なアドバイスをくれました。

奥様はマンションの10Fに住んでいます。
私は、遊園地のジェットコースターとか、フリーフォールとか、バンジージャンプが大好きで
そんなに高いところは苦手ではないとは思っていたけれど
実際、10Fの高さを目の当たりにするとすくんでしまいます。
てっちゃんとも訪れる機会があったのですが、高さにすくんでしまいました。
奥様に『高いところがだめなら住めないわよ〜(笑)』と言われたのですが、まさしくその通りだと思いました。
短時間の仕事なら問題はないのですが、住むとなると別のような気がします。
高さで高層マンションの上層に住むのが感覚的にだめになってしまうとは、思ってもいませんでした…。
部屋に居ると景色は最高なのですが、テラスに出るとぶるぶるしてしまいます。
これじゃ、洗濯物は干せないなぁ・・・と思ったり・・。
階層が高くなければ問題はないのだろうと思いますが
住んでいたのが平屋で慣れてしまったので3Fを過ぎると厳しいものがあるような気がします…。(T.T)

奥様は、一戸建てとマンションの両方の事を知っておられるので、色々と教えてくれました。
マンションに住むと言っても、快適にしようと思ったらそれなりに費用がかかるとも教えてくれました。

そして、マンションでも駅近くの利便のよいところだと建つ前に、もうほとんど完売してしまうらしいです。
日々、情報をしっかり集めるのが大切だとおっしゃっていました。

アイデアを出すのは、一戸建てもマンションも必要なことで、生活を楽しむことでは同じ。
マンションに住むと、鍵1つで出かけれるので、気楽に出られることができるので、夫婦で外出の機会が増えたこともおっしゃっていました。
夫婦が仲良く暮らせるならどちらでもいいんじゃないかとも(^^)

なによりオーバーローンにならないようにしっかりと資金計画するのが大切と言います。
健康があっての家であり、お金なので、健康の重要性をおっしゃいます。

マンション・一戸建てでも買うときに注意すること。

一戸建ての土地を選ぶ時は、昼、夜、平日、休日と足を運び近所の雰囲気をしっかりと確かめること。

窓も開けること。

電気容量を確認する。

見た目だけで判断しない。

マンションなら、風呂、水周りをよく見る。

中古マンションを買うときは、建築確認をする。
1981年6月1日以降が目安。(耐震基準が強化された。)

中古マンション:耐震診断を受けているか確認する。(不動産仲介会社に確認)

共用部分の管理状態を確認する。
自転車・ゴミ置き場・集合郵便受け、管理人はどうなっているか?

管理組合の書類(マンション運営)を不動産仲介会社を通して見せてもらう。
管理費、修繕費の滞納はないか?
メンテナンスがしっかりしているか?

修繕計画書を不動産仲介会社を通して見せてもらう。
→あまりに安いと、大掛かりに修繕するときに追加徴収さっることもある。
修繕費の目安:1uあたり100円。

※マンションの中庭で、話を聞いてみるのも1つの方法。

ゴミ出し場所、公園、学校、公民館などの施設のこともよく踏まえる。

一戸建て:洗濯物から、近所の方の家族構成をそれとなく把握してみること。

一戸建て:家の前の道が狭いのは、あまりよくない。(道幅6m以上あることが推奨)

中古の家を買うときは、ビーダマやゴルフボールで水平を確かめる。

中古の家は、特に
和室に柱などに家の構造が出るのでよくみること。

マンションの場合は、人気のある部屋は抽選になる場合が多いので
 くじ運、ギャンブル運の強い方がクジをひくこと。

マンションは部屋を1度見に行ったら、営業から執拗な勧誘があることが多いのでしっかりとした意見をもつ。

駅から徒歩○分、バス亭から○分と書いてあっても実際に確かめること。

マンションの前に、将来建設予定がないか、よく聞いておくこと。
やけに特定の階にだけ部屋に開きがあったり、値引きしてくれる時は
将来ビルなどが建設され日当たりが悪くなる可能性がある。



なにより、ライフスタイルと先立つものを照らし合わせて考えないといけないなと思います。
ライフスタイルの何に重きをおくかよく考えましょう。


私たちが今住む中古の家に決めた決め手は、防音室があることでした。
私はピアノを弾くので、防音室があったらいいなとおもっていました。
じっくりと見て踏み切りました。
住んでみてこまごまとしたところで、こうだったらなぁとおもう点はありますが、大きくは満足しています。
築5年の中古の家でしたが、自分で設計するよりもよかったかもしれないなと思ったりもします。
中古の利点は、実際のもを見て買うことができることが最大の利点です。
逆に難点は、自分の自由にできなかったことかな。


ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る


c 2007 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved