ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 Blog メール リンク集 お役立ちHP
やりくり

 

アイデア家計簿
マイ・ホームの豆知識
ライフプランの豆知識
掃除・衣類の豆知識
暮らしの豆知識
キッチンの豆知識
節約の豆知識
還付金
美容・健康の豆知識
占い
オンラインショップ



家計簿のポイント

私が家計簿をつけるポイントで
私が特に大切に思うことは

・大きなお金の流れを知る

・自分にあった家計簿のつけ方を見つける
の2点だと思います。

つけかたが見つからない時は、「まね」するのが一番!
スタイルが合わなかったら、違うのをどんどん「まね」してみるのがいい。
落ち込まずに、次々に「まね」をしていくことだと思います。

書いて記帳をするのがだめなら、パソコンでつけてみる。
レシートを貼る形を主体をした家計簿にする。
袋わけをして、お金が黒字になったらよしとするやり方。
色々なやり方があります。
すぐに見つかる人もいれば、見つからない人もいると思います。
恋人のようなものかも(^^)

その中で一番大切なのは、投げ出したりせず
あきらめないことだと思います。

毎日記帳 or 打ち込みする
週ごとに記帳 or 打ち込みする
レシートがたまったら記帳 or 打ち込みする
袋わけで、残高で管理する。
ほかにも色々あると思います。

人と比べずに、自分の中で納得すればいいと思います。
記帳をするのが目的ではなく、自分の納得いく結果を出すのが目的です。
方法にとらわれすぎて、結果を見るのを忘れないようにしましょうね。

そして
目標を立てることが、大切です



家計簿をつけるにあたり・・

家計簿をつける道具をまとめておく。

計算機・家計簿・ペン・けしごむ・のり・はさみなど道具をひとまとめにしておく。
整理・整頓をきちんとしておけば、気持ちよくつけれます(^^)

家計簿の金額は税込みで記入してしまう

税込みで記入をしてしまう方が楽。
細かなことが面倒な人は、いっそ四捨五入でざっとつけるもいいかもしれません。
長く続けれるやり方を考えてください。

家計簿をつけてて解らない金額が出た時
『その他』の項目もしくは『不明金』の項目をつくっておき記入をする。


レシートを貰わなかったり、どの項目にもあてはまらないものは
その他の項目を作って出すと迷いがない。

おおまかに財布と合計をあわせる。

細かく財布と家計簿をあわすと、どうしてもずれがでてしまうので大まかにあわす方が楽。
しかし、こまかくあわせたい人は『その他』のところへ差額を書いておく。
多かった時は、小銭貯金をするのもいいかも(^^)

やりくりの成果は銀行・郵便局などの通帳の合計で考える。

財布に○○円、A銀行にいくらいくら・・貯金箱にえーっと・・・1,2,3・・と
数えて合計を出すと大変になので銀行の口座などでざっと大きく考えると楽。
貯金を記録した表を作っておくと、励みになります。
小銭貯金をした場合、貯金箱の重さを量るのも楽しいよ(^^)

小銭貯金などは、銀行で専用通帳を作って入金すると励みにまりますよ。
ふくちゃんのへそくりは、小銭単位で集めて
1000円単位になったら郵便局の定額貯金に預けてます。(^^)

特別出費枠の決め方。

年間単位で考えます。
去年の収入を参考にして考えます。
車の車検・友達の結婚式・家具の購入・欲しいものなど・・。

日常生活で毎月出費しないものは特別出費の項目でつけると便利です。
特別出費は、年間で○○円と家族で決めて一年間を乗り切り
結婚式などあらかじめ日がだいたいわかっている時は、前もって準備だてすると便利です。

ふくちゃん家は、別立てで慶弔交際費として毎月5000円ずつ積み立ててます。

・家計簿をつけるのが嫌になった時。

そこが、ふんばり時です。
私は何度もありました・・(^^;
出費が思ったより多くて、嫌になって家計簿を投げ出したくなることもよくありました。
でも、現状をしらないと改善は大変になる傾向があると思います。
家庭教師の某CMみたいに『わからないところが・・わからない。』と・・
家計の問題点を明確にするために、家計簿をつけるのは早道だとおもいます。

続ければいいことあります(^^)
見直す題材として、3ヶ月間家計簿をつけるのを継続すれば
動向がわかってくるので、楽しくなります。家計管理も自己流が出来てきます。
旦那も協力的になりました♪

気に入った家計簿を選ぶ

家計簿のポイントからずれているかもしれませんが・・

雑誌の付録であれ、自分で買ったもの、大学ノート、格安家計簿・・
どんな種類でも家計簿がつけれるならいいのですが
自分が気に入った家計簿』であるのは私は結構重要なポイントだと思います。

365日、毎日つけるものであるのだから
お気に入りの物でつけるのは、3日坊主を防ぐのに一役買ってくれると思います。
思い切って買ったものであれば、タンスの肥やしになる可能性は少なくなる気がします。

・・・実は、私は家計簿を肥やしにした人でした(^^;
初めての家計簿は、安さで買ったのですが続きませんでした。
どうも親しめなくて・・・(^^;
そして、ちょっと奮発して買った家計簿は続きました。
今年で同型の家計簿は8代目になります。
理由はどうであれ、家計簿はお気に入りの方がいいと思います(^^)



ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る


c 2007 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved