家計簿

私が家計簿をつけ始めたのは、結婚して2ヵ月後くらいです。
でも、最初は続かなくて1週間つけては、休み、3日書いては休み
だんだん感覚が空いてきて、ついには家計簿をつけるのを放棄しました。

年末が近づくころ来て、ふいに本屋さんで家計簿を見つけて
もう一度つけてみようかな・・・と思い家計簿を買いました。
私の好きな猫の写真が表紙の家計簿です。
どうせなら、気に入ったものを買おうとおもい奮発しました。

しかし、再度つけようと家計簿を買ったときは
家計意識が、かなりせっぱつまった状態になってきていました。
すぐに手元のお金がなくなってしまい、すぐに銀行に走る始末。
週に一度くらいの割合で銀行へ行ってました。だんだんと、貯金をくいつぶす生活になってきていました。
なんで、お金がこんなにすぐになくなるのだろう・・・?
そんなに大きな贅沢はしていないつもだったし、服や化粧品もそんなに買っていないし・・
でも、すぐにお金がなくなります。
狐にだまされたような不思議な気分になってきました。


レシートを買い物に行ったときすべてを取っておき、レシートがある分だけでもつけてみよう。
前は、細かい事をきにしていて嫌になったから、まとめてでもいいから、とにかく、レシートがある分だけと。
旦那からも、「3ヶ月つければ見えてくるから、データとして3ヶ月。とにかく3ヶ月つけてみては?」
と励まされました。

てっちゃんの言い分には・・
1ヶ月ではデータとして不十分。
2ヶ月では2つをたして2で割った数しかでてこない。
3ヶ月目には、1ヶ月と2ヵ月の反省点をふまえた結果が出てくるから、ようやくまともなデータが出てくると。
そんな理由で、3ヵ月つけてみたらいいと。


最初は慣れなくて、計算機の合計がなかなか合わなかったり
細かく気にしすぎて嫌になりかけたし、毎日の記帳が慣れなくて嫌になりました。
しかし、念仏のように旦那が、3ヶ月、3ヵ月と言ってたし、私が記帳がしんどくてできない時は
代わりにつけてくれたりしました。計算が合わないときは、代わりに計算してくれました。

そうして、生活していると、お金がどんどんなくなっていた
化かされていた狐の正体が、見えてきました。


ちょっとくらい・・・これくらい・・・そんなに贅沢じゃないよね・・・と買っていた物が狐の正体でした。
缶コーヒー・缶ジュース・ファーストフード・コンビニでのお菓子・雑誌類
100円ショップの雑貨・200円〜300円の中古ゲームソフト・スーパーでのちょこちょこ買い・・・
積み重なると、1000円 5000円 10000円へと膨れ上がります。
ついついの軽めの外食や、腹おさえに買う手軽な菓子パン・おかずパン。
毎日家計簿を記帳していると、書くのがめんどうだからと買うものが減ってくるし気をつけます。
1週間ごとに毎週合計していると、100円単位で物を買うことを考えるようになってきました。

家計簿をつけはじめて3ヶ月目に
やっと予算立てを意識するようになりました。
最初はちんぷんかんぷんでしたが、半年くらい続けているとできるようになりました。
予算を立てる事ができてきたら、家計の中で物の流れがわかってきます。
ここに来て、やっと『特別出費』の存在が登場しました。
季節でかかる出費、家具、電化製品など、毎日の生活とは別格の出費の意識がでてきました。
予算立てができるようになれば、袋わけをして家計管理をする方法が実行できるようになり
雪だるま式に、家計管理ができるようになってきました。

袋わけでも、特に食費・日用品に注目して、週間で袋わけをする。
その分けた袋の中のお金を、いかにしてうまいこと使うかゲームのような感覚が楽しくなり
だんだん、節約おたくになり。。
光熱費・通信費・レジャー費などにも目が向くようになりました。人によって、家計の管理の仕方は違うと思いますが
私の場合はこんな感じです。

2年家計簿をつけれると、3年目で年間予算を算出するようになりました。
一年のイベントを予想して、手持ちの服をチェックして必要な服を割り出し購入計画を立てる。それが今の状況です。
4年目になると、どんな家計管理方法をするのか予想できませんが
現在進行形の家計管理は、面白くなってきました。
貯蓄計画も進んできて、先取り貯金をしたり、生涯生活設計を考えています。
どこまで、家計管理でカバーできるかわかりませんが
自分で家計を動かしている感覚は、経営者の感覚に近いと思います。
家庭の家計を守るのは、家計の財務大臣のような仕事だと思うので
家計管理を放棄するのは、あまりにももったいないです。

最初は嫌々だった家計簿も、しっかり家庭の中で確固とした存在感を発揮して
私たちの生活の、羅針盤の役目をしています。
家計簿によって、夫婦一緒に頑張って家庭を支える基盤を作ってくれます。
家計簿によって、お金で喧嘩することは皆無です。
夫婦で、しょちゅう家計簿を開いて話もして、笑って反省会を行っています。
その題材も、やはり家計簿です。

家計簿をつけなくとも、家計を把握している方は多いと思いますし
他のやりかたで、家計をささえている方も多いと思いますので
やたら家計簿を宣伝するつもりもないですが
我が家は、家計簿一番です。


今、3年前の家計簿を見て見ると、はずかしいくらいに無駄な所が多いです。
これでも・・・家計管理をしているのかな。。なんて思ってしまいますが
一生懸命書いている数字や、何度も消しては書いた字を見ていると
じんと・・・胸が熱くなってきます。
一生懸命家計簿と格闘してとりくんだ日々は、いつも同じです。
家計簿を開いて泣く事もよくありました。
自分のふがいなさに辛くて報われない気持ちの時も。

しかし、家計管理は楽しいから家計簿を毎日つけれるんだと。
そう感じ始めたころに、何かの参考になればとこのサイトを開きました。

節約ビギナーの私ですが、皆さんと歩めたらと思っています。
もっとすごい節約や、家計管理を実行されている方も多いと思いますが
私自身の等身大の家計サイトでいいかな・・と思ってがんばっています。

私は家計簿が大切です。
家族の歴史を如実に現したものだとも思っています。
毎日の日記の役目を果たしているところもあります。

そして、家計簿は楽しいです(^^)
(2004.4.18)


© 2003 ふくちゃん & てっちゃん All right reseved.