結婚4周年

6/11で結婚4周年を迎えます。

夫婦になってよかったと思うことは
自分のことが、以前より解りやすくなったこと。
相手のことを、より想い深くなり、より多く共感できること。
精神が安定したこと。不安が減ったこと。
しんどいことを分け合えること。
嬉しいことが2倍になること。

夫婦になってしんどいなと思うことは
ちょっと自由が減ったこと。
○○さんの奥さんと言う肩書きがついたこと。

しかし、結婚してよかったこと、楽しかったことの方が多い。
結婚っていいなと思う。
私が独身時に抱いた、結婚像に今はかなり近くなってきたと思う。

自分自身と彼自身を、お互い尊重しあえること。
コミュニケーションが取れること。
私はこれができることが、一番嬉しい。

結婚の条件として収入や、学歴はあまり考えていなかった。
学歴で飯は食えないし、収入が多くても幸せになれるとは思っていなかった。
身の丈にあった生活をすれば、何とかなると思っていた。

私が昔、結婚相手にとする男性に心の中で描いた条件は.

1. 相手の両親の夫婦仲がよいこと
2. 両親を尊敬していること
3. 嘘をつかない人
4. 優しく、思いやりがある人
5. 相手の両親の母親と、私の母親の価値観が似ていること
6. 兄弟がいればなお良い
7. 中学卒業時まで、両親が健在であること

だった。

1.相手の両親の夫婦仲が良いこと

これは、私にとっては大切な内容だった。
もし、夫となる人と、母親、父親の3人の仲がちぐはぐだと、何かと大変。
そして、夫婦仲が良い中で育った子供は
精神的にかなり安定していると私は思っていた。
私自身が、精神的に不安定なところがあるので
もし、精神的に不安定な人だと大変になってしまうと。
私自身が育った環境は、決して良好とは言えないと思う。
だから、上記のような条件が出てきた。

2〜7も、家庭環境の事がかなり多い。
結婚して家庭を持つと、親戚など色々と関わってくるから...と。
母が姑さんとの関係で色々とあったので、子供心から防備して積み重ねた感じ。

あぁ…もう私の結婚は無理だなぁ..と思っていた26歳の頃、てっちゃんと出遭った。
色々なことを、それとなく聞いてなるほど『○』を重ねた感じ。
結婚を控える適齢期女27歳になると、計算高くなってくるような気がした。
何を聞いているんだ…と思ったり。

しまいめには
「喪服は持ってる?」(どうでもいいけど...)
とかまで聞いていた。(--;

そして、私の母方の祖母が、てっちゃんの事が大変気に入って
祖母の目から、大丈夫だと太鼓判を押されたんなら
大丈夫なんだろうな? と漠然とした甘えもあったのも事実。
亀の甲より年の功だと思っていたから(笑)

私達夫婦は、喧嘩はしたことは今はまだない。
もし、改善点、不平不満が出ると、とことんまで討論・会議になる。
何日も重ねることもある。納得するまで話し合う。
「どうしてこうなるのか? こう思うのか?」
と言うことを明確にしていく感じ。
傍から見ていると、決して和やかな感じではないと思うけれど...。

節約生活を始めた時は、ストレスはかなりあったと思う。
でも、慣れるとそれが普通になってきた。
苦でも楽でもない、自然な感じになってきた。
私が強制して節約生活を始めた訳でも
てっちゃんが、強制して始めた訳でもない。
夫婦でがんばろう!と決めがんばったから、ストレスが少なかったのだと思う。
明確に目標を持って、こつこつと進めている感じ。

浪費生活を、続けていたら
もっと、色々な意味で大変になってきたかもしれないと思う。

私自身の方向性も明確になってきたので、精神的にもかなり充実するようになった。
面白いことに、精神的に充実してと若くみられるようになるんですね(笑)
主婦疲れしていると、どうも老いてくるようなところがあるのかしら? と思ったり。
昔から童顔で、年下に見られることが多かったから
その延長なのかもしれないけれど(笑)

にこにこと笑顔が出る生活できればと思います。
結婚してもうすぐ5年目に突入になるけれど
結婚したときより、てっちゃんの事を大切に想えるように感じれるのが嬉しい。
夫婦としては、まだまだ歴史が浅いけれど
少しだけ、積み重ねれたカナ?と自己満足。

7年目に大きな山場があると言われていますが
どんな絵を描いているのかな...。

(2005.5.21)


© 2003 ふくちゃん & てっちゃん All right reseved.