ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 Blog メール リンク集 お役立ちHP
やりくり
アイデア家計簿
マイ・ホームの豆知識
ライフプランの豆知識
掃除・衣類の豆知識
暮らしの豆知識
キッチンの豆知識
節約の豆知識
還付金
美容・健康の豆知識
占い
オンラインショップ



高額療養費

健康保険の被保険者やその扶養者が、高額の医療費を負担した場合「高額療養費」の払い戻しを請求できます。対象となるのは、同一の医療機関で一人1回あたり2万1000円以上支払った医療費の、1か月内の合算。自己負担の限度額は収入によって異なります。

自己負担限度額
被保険者、被扶養者ともに1人1か月の自己負担限度額は所得に応じて、次の計算式により算出されます。

70歳未満の方

所得 自己負担限度額 4か月以上
低所得者(生活保護の被保護者や市町村民税非課税世帯などの方) 35,400円 24,600円
上位所得者(標準報酬月額が53万円以上の被保険者及びその被扶養者) 150,000円+(医療費−500,000円)×1% 83,400円
一般(標準報酬月額が53万円以下) 80,100円+(医療費−267,000円)×1% 44,400円


たとえば、月収53万円未満のサラリーマンが入院して1か月間に自己負担40万円を支払った場合。
80,100円 +(医療費 -241,000円)×1% = 自己負担額
自己負担金は:
80,100+(400,000-267,000)×1%=81,430円

つまり戻ってくるお金は、400,000-81,430=318,570円
となります。

いつ?
→病院にかかった翌日から2年以内

どこで?
→会社の健康保険の人は勤務先の担当窓口、または管轄する社会保険事務所。
国民健康保険の人は各市町村の窓口で手続きします。

どうする?
→「高額医療費支給申請書」に記入し、医療機関の領収書を添えて提出。
印鑑と振込先の通帳を持参して。


補足:

長期高額疾病についての負担軽減
 人工透析を実施している慢性腎不全の患者については、自己負担の限度額は10,000円となっており、それを超える額は現物給付されるので、医療機関の窓口での負担は最大でも10,000円で済みます。
 ただし、診療のある月の標準報酬月額が53万円以上である70歳未満の被保険者または標準報酬月額が53万円以上の被保険者に扶養される70歳未満の被扶養者については、自己負担限度額は20,000円となります。
 この他、血友病、抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群の人についても、自己負担の限度額は10,000円となっています。
 なお、人工透析患者などについては、医師の意見書等を添えて社会保険事務所に申請し、「健康保険特定疾病療養受療証」の交付を受け、医療機関の窓口にその受療証と被保険者証を提出して診療を受けることが必要です。


てっちゃんの会社は、高額医療費を申請しなくても自動的に手続きをしてくれました。
私の場合高額医療費は、窓口でお金を払ってから後に還付される形にしました。
しかし、窓口でお金を払うときに手続きを踏めば、高額医療費が下りてからお金を払うこともできるそうです。
気になる人は1度、病院の窓口で聞いてみてください。



ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る


c 2007 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved