ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 Blog メール リンク集 お役立ちHP
やりくり
アイデア家計簿
マイ・ホームの豆知識
ライフプランの豆知識
掃除・衣類の豆知識
暮らしの豆知識
キッチンの豆知識
節約の豆知識
還付金
美容・健康の豆知識
占い
オンラインショップ



シミ抜き

シミの種類・シミ抜き方法

シミの種類 シミの性質 シミ抜き方法
しょうゆ/コーヒー/お茶/果汁/ワイン/ウイスキー/水生ボールペン 水溶性 下に白い布を敷き、上から水を含ませたブラシでたたいて、シミの色を布に移す。最後に霧をふりかけると輪ジミも消える。
バター/チョコレート/口紅/ボールペン/ファンデーション/クレヨン 油脂製 下に白い布を敷き、ブラシにベンジンを含ませてたたく。仕上げは、ベンジンを含ませたガーゼで、繊維の目にあわせて拭く
泥/サビ/卵/マニキュア/朱肉/ガム/花粉 不溶性 泥・鉄サビや花粉などシミによってシミ抜きの方法が違うため、すぐに触らないこと。クリーニング店に相談する。
マヨネーズ/ドレッシング/ビーフシチュー/カレー/トマトケチャップ/アイスクリーム 混合系 下に白い布を敷き、ブラシに台所用中性洗剤液を含ませてたたく。あとは水だけでたたいて落とす。

シミを広げないようにする。こする、もむ、ふくはかえってシミを広げることに。
ついてすぐのシミは吸い取るかつまみとる。
とにかく服についたら応急処置をすぐする。
気がついたら、すぐに取る。

水生は吸い取る
油性はつまみとる


水生は吸い取る:
ハンカチや紙ナプキンなぢで、表と裏からシミを押さえ、すばやく吸いビンを吸い取る。

油性はつまみとる:

繊維の上にのったシミを、紙ナプキンなどで、こすらないようにいようにつまみとる。


じゅうたんのしみ抜き
シミのタイプだけでなく、じゅうたんの素材を見る。
じゅうたんのシミ抜きは素材によって違います。ウールやアクリルは、撥水性があるので、シミになりにくく、なっても水で濡らして布でたたけば落とせます。
一方、綿の場合は、水分がしみ込みやすいので、歯ブラシや布でシミをかき出して拭き取る作業を何度も繰り返します。

水性(例:コーヒー) 油性(例:マヨネーズ)
1.水分を吸い取る 1.まずはつまみとる
乾いた布やティッシュペーパーで押さえ、水分を吸い取る マヨネーズのシミは、周囲にひろげないように、こぼしたらすぐに古布でつまみとる
2.洗剤液で色素をかき出す 2・ベンジンでたたく
台所用洗剤で水を薄め、歯ブラシにつけて色素をかき出し、乾いた布で泡を吸い取る。 油性のシミは、ベンジンに溶ける。ベンジンにしみ込ませた布でたたいて、油分を布に移しとる。
3.水拭きする 3.残った色素は石けんで
泡に色がつかなくなったら、水でかたくしぼった布で洗剤分を吸い取る 色が残ったら、石けん液をしみ込ませた布でたたいて、アルカリ性で色素を分解し、水でかたくしぼった布で洗剤分を吸い取る。


畳のシミ抜き

奥までしみ込まないうちに、手早く拭く
畳は、イグサの表面を白土でコーティングして仕上げてあるため、液体や汚れをある程度、弾くようにできています。またた、化学繊維でできた畳には、液体がしみ込みにくい加工がされてあるものもあります。

いずれも、液体が畳の奥までしみ込みにくいうちに拭きとってしまえば大丈夫です。しかし、大量に液体をこぼしてしまったり、放置しておいたものは、なかなか取れません。

拭いてもとれない頑固な汚れの場合は、変色してしまった部分をサンドペーパーで軽くこすります。上から絵の具で塗りなおすと、目立たなくなります。
  
水性(例、おしっこ)
ペットのおしっこは、水分をとったあと、消毒用エタノールでにおいを取る。エタノールのシミが残らないよう、最後には水拭きをする。   
 
油性(例、チョコレート)
1.つまみとる
チョコレートなどの油性の
シミは、畳の目の奥に入らないように、古布でつまみとる。
 
2.除光液を塗る
除光液をしみ込ませた布で、畳の目にそって汚れを拭き取る。
 
3.歯ブラシでこする
畳の目につまった汚れは、歯ブラシで軽くこすってかき出す。


ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る


c 2007 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved