ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 Blog メール リンク集 お役立ちHP
やりくり

 

アイデア家計簿
マイ・ホームの豆知識
ライフプランの豆知識
掃除・衣類の豆知識
暮らしの豆知識
キッチンの豆知識
節約の豆知識
還付金
美容・健康の豆知識
占い
オンラインショップ



月の予算立て

毎月の予算立てをすると引き締め効果が倍増します。
具体的にどれだけ必要か、絞らないといけないか。
それがはっきりわかります。

収入合計 − 固定支出 = やりくり費 + 貯金

この図式は簡単理解できるけれど、大切です。



銀行に入金される給料だけで考えるのがオススメです。
夫婦の手取り合計額をかき出し

光熱費・通信費・新聞代・住宅ローン・車ローン
学資保険・幼稚園代・習い事費などなど...

予想される出費を全て書き出します。
これが固定支出になります。

それを引いた残りで
月の食費・日用品・医療費など財布から出すもの
予想される額を書い割り当てます。
これがやりくり費です。
このやりくり費が袋わけをして頑張って行くところです。


希望貯金額・こづかい額などを設定も忘れずにしましょう。
ここで、予備費としていくらか設定しておきましょう。
急な出費の対応や、きつきつにしていると疲れてしまうからです。

無理に沢山貯金したいからといって頑張っていると疲れてしまいます。
自分もいやになって投げ出してしまったり..
家族から不平不満も出てくるかもしれません...。

『お金が足りないのよ・・』
『なんでだ?!』
とまー喧嘩になってしまうこともあるので

きちんと家計簿をつけて、内訳を知っておくと話が楽です^^
家庭によっては旦那様が管理なさっているでしょう。
その内容についてきちんと確認すると楽になるかもしれません。
むやみやたらに家計をやりくりしちゃうと、しんどいからねぇ。

夫婦仲良くやりくりして、家族仲良く暮らしましょう。
家計のやりくりは、家族が幸せになるためのものだと私は思います。

夢を実現するために、コツコツ貯めること。
大きな花となって咲いていきます。

これが慣れてくれば、年予算も楽に立てれるようになります。


ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る


c 2007 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved