ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 掲示板(BBS) Blog メール リンク集 お役立ちHP


準備段階
検査と治療
高度生殖医療
占い
オンラインショップ



不妊症の6大検査

不妊原因を見つけるためには6大検査が必要です。

6大基本検査

@基礎体温の測定
A精液検査(精子数、精子運動率、奇形率)
B排卵日に行う頸管粘液検査
C排卵日に性交し、頸管粘液中の精子状態を調べるフーナーテスト
D子宮の形と卵管の通過性を調べる子宮卵管造影検査
E卵胞の発育、子宮卵巣の状態を調べる超音波検査


これらの検査でだいたいの不妊原因が判明します^^
病院によりますが、1〜3か月検査がかかります。

基礎体温に基づいてホルモン値を測定したりと
ちょっと一日では終らないことも。





基礎体温:
女性の卵巣・子宮内膜の周期的サイクルを間接的に観察できるのが基礎体温です。
まず、ここから不妊治療のスタートとなります。
この基礎体温の折れ線グラフの形から妊娠に至る第一段階・排卵が推測できます。


超音波検査:
子宮内膜の厚さ・卵巣内の細胞の発育具合(卵胞の数、大きさ)
を検査します。
特に、卵胞期・排卵期前前後に何度か検査します。
超音波検査はお腹の上から見る経腹法と膣の中から見る経膣法があります。
より画像の鮮明な経膣法がよく用いられます。
膣の中にプローブ(超音波の器具)を入れてみます。
特に痛みはありません。

頸管粘液検査:
頸管粘液は頸管腺から分泌され、卵胞ホルモンによって分泌が調節されています。
排卵が近づくと卵胞ホルモンが分泌が最高になります。
頸管粘液の量、透明度が増し、粘性も増加します。
この頸管粘液が多くなることで精子が動きやすくなります。
精子が子宮の入り口から子宮内への進入が楽になります。

この検査は排卵推定日の数日前に何回か行います。
方法は、内診台の上で膣鏡を使用し子宮頚管部を見えるよにし
膣内の分泌液を拭き取った後、針をつけない注射筒の先端を頸管内に挿入し
粘液を吸引します。
粘液の量や状態により、卵巣の動きがわかり
排卵の有無・排卵日などを推定することができます。
最近では超音波で簡単に確認することができるのであまり行われていません。

フーナーテスト(性交後頸管粘液検査):

夫は3〜4日射精をせず、排卵が推定される日に性交を行い
2〜3時間以内(長くても12時間以内)に頸管粘液を吸引→採取し
粘液を顕微鏡で観察して、精子の数・運動性を調べます。
多数の正常運動精子が粘液中に見られたら陽性と判断し
妻の頸管粘液と夫の精子の相性はよく不適合がないと診断します。

正常精子数が少ない場合やほとんどない場合は陰性と判断し
女性の頸管粘液中に抗精子抗体がある、精子の数は運動率に問題がある。
などが考えられます。
何回か検査を繰り返しますが、結果が思わしくない場合は人工授精の適応となります。


■判定と評価■
採取液を400倍の視野で観察。
頸管内粘液
 正常:総精子数…10〜20以上/1視野
      運動率…50%以上




子宮卵管造影検査(HSG):
検査の目的は・・
卵管が開通しているか詰まっているか。
周囲に癒着はないか、卵管の形は正常なのか。
子宮に奇形はないか、子宮筋腫、卵巣腫瘍はないか。

などを調べます。
月経終了後、2〜3日目から排卵期までの卵胞期に行います。
検査の方法は、子宮の入り口から造影剤を7〜10ml注入し
小骨盤腔をレントゲン造影します。
この検査は、造影剤の注入時に痛みを感じることがあります。
検査後には感染予防のため、抗生物質の内服が必要となります。
明確な理由はわかりませんが、この検査の後、妊娠することがあります。




意外にさらっと検査は終ります。
原因が解ったら対策のしようがあると言うものです^^
前向きに進んでいきましょう。
ホルモン剤等の治療をすることにより正常な卵子排卵がおこることで
妊娠率も上がり、流産の確率も減ります。
また、しっかりとした卵子育成により奇形率も下がります。^^



ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る



0から始める妊娠計画
© 2009 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved