ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 掲示板(BBS) Blog メール リンク集 お役立ちHP


準備段階

 

検査と治療
高度生殖医療
占い
オンラインショップ



不妊治療について

まず、卵巣や子宮、血液検査など不妊原因を特定してから
治療を開始します。

一般的に排卵がない場合は排卵を促す治療と共に
排卵日を予測しそれにあわせて夫婦生活のタイミング指導を受けます。
約1年くらいチャレンジすることも。


精子の状態は...
3500万/ml 以上:自然妊娠
3500万未満2000万/ml 以上:人工授精
2000万未満1000万/ml 以上:体外受精
1000万/ml 未満:顕微受精
と数では言われています。

タイミング指導により自然妊娠でなかなか妊娠しない場合は
人工授精により精子を子宮内に確実に送り込み妊娠を待ちます。
費用は1〜2万円くらいが多いです。

さらに妊娠に至らない場合、精子と卵子を体外で受精させて受精卵を作り
それを体内にもどす体外受精を選択します。
費用は30〜50万円かかります。

次のステップは、卵子の中に直接精子を注入する顕微鏡受精があります。
体外受精の費用に、精子と卵子の様々な処理・培養の費用が加算され
体外受精の費用+10〜15万円程度かかります。


<顕微鏡受精の写真>

卵細胞質内精子注入法(lCSl)


特別な顕微鏡で観察しながら
1つの精子を細いピペットで吸い出し卵子の細胞膜を通して卵子へ直接注入します。
この方法は、卵細胞質内精子注入法(lCSl)として、よく知られた方法です。


精子が少ない、精子の運動性があまり良くない、などの男性側に不妊の問題がある場合、ICSlはとくに有効です。

運動性があまり良くない精子では卵子を覆っている膜をなかなか貫通しにくいのですが、顕微授精は精子の卵子への自然な進入を再現してくれます。
実質的な受精、つまり父親と母親の遺伝子の結合には何の問題もありません。


年齢や不妊治療期間を加味して医師が判断し
患者さんと相談しながら治療をすすめていきます^^


ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る



0から始める妊娠計画
© 2009 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved