ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 掲示板(BBS) Blog メール リンク集 お役立ちHP


準備段階
検査と治療
高度生殖医療
占い
オンラインショップ



よく使う注射

内服薬や注射、点鼻薬などいろいろな薬を使っての治療が不妊治療で行なわれます。
中でもよく使われる注射は

フェルティノームP(FSH製剤)
HCG(hCG製剤)
バーゴグリーン(hMG製剤)
ヒュメゴン
HMG


といったようなものが不妊治療の際、よく使われる注射の中身です
これらの注射は、不妊の原因がどこにあるかによって使い分けられます。

ちょっと女性ホルモンの流れをご覧ください^^



ちょっと排卵のメカニズムをご覧ください^^

このホルモンの代替をする形になります。

卵巣を刺激して卵胞を成熟させるために使用する薬が
hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)です。
排卵がない人や排卵しにくい人、体外受精の際にたくさん卵を育てる時に使われます。


hMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)は
不妊治療の飲み薬での排卵誘発に比べてとても良く反応をしますが
時に反応が強すぎて卵巣過剰刺激症候群(OHSS)がおこることがあります。また、多胎率が約20%と高くなることもあることが知られています。


hMGの中から
できるだけLH(黄体形成ホルモン)を取り除いたものをFSH製剤といい
OHSSが起こりにくいことから、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の人には
こちらでの排卵誘発が適しています。


卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促す作用があるのが
hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)です。


これは不妊治療では成熟させた卵胞を排卵させたり
高温期を持続するために黄体ホルモンの補充として使用されます。
単独もしくは組み合わせてこれらの注射は
不妊治療に用いられていくことを覚えておくといいでしょう。





ちょっと知っておくだけで
あっ?あれか^^と楽になります^^


ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る



0から始める妊娠計画
© 2009 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved