ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 掲示板(BBS) Blog メール リンク集 お役立ちHP


準備段階

 

検査と治療
高度生殖医療
占い
オンラインショップ



病院へ行く前に

1. 基礎体温表を作成する。


基礎体温とは体温を変動させるような因子の働いていない時の体温です。
この基礎体温を3〜4か月測定してグラフを記入しましょう。
測り方は熟睡後の早朝、目覚めてすぐに布団の中で
(トイレに行ったり、起きだしたりする前に)体温計を口にくわえて5分間測定します。
毎朝の一定の時間に測定します。
(午前5〜7時の間が一番安定しているといわれています^^ )
数時間以上のすれがあるときは、基礎体温表に記入しておくとよいです。

基礎体温計にはデジタルと水銀がありますが、より正確なのは水銀計です。
オススメは水銀系ですが、取り扱いはデジタルの方が格段に楽です。
同じ体温計で測定を続けましょう。
測る時は舌の下に確実に入れて5分以上計測することです。
月経やその他風邪薬などを服用したときは、メモに書いておきましょう。


2. 問診に備えて自分の体の情報を知っておく。

そんなにたいそうなことではないのですが...

@ 月経のサイクル・月経量・月経時の腹痛・腰痛の有無・月経の日数
A 妊娠暦・産婦人科における治療暦
・・・以前にどのような病気で治療したか
B 男性配偶者についての情報
・・・精液検査をしたことがあるかどうか、したことがあれば結果はどうだったか、
精巣(睾丸)の病気はなかったかどうか。





規則正しい生活を心がけ、栄養のバランス・運動をしましょう。(^^)
体重は痩せすぎ、太りすぎに注意し適正体重にするのも大事です。
痩せすぎ・太りすぎは女性ホルモンバランスを崩し、卵巣機能低下になりやすいです。
太りすぎは女性ホルモンが皮下脂肪に取り込まれ血中ホルモン量が低下するので
妊娠しにくくなります。

メンタル的な悩みが原因になって排卵がおきなくなったりします。
ストレスは多かれ少なかれ誰でもあるので、くよくよせず趣味や会話などで
ストレスをためないようにしましょう。

睡眠不足もイライラの原因になるので、十分な睡眠をとりましょう。


ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る



0から始める妊娠計画
© 2009 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved