ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 掲示板(BBS) Blog メール リンク集 お役立ちHP


準備段階
検査と治療
高度生殖医療
占い
オンラインショップ



排卵障害の治療

クロミフエン(薬剤名:クロミッド)療法


現在、最も多く使用されています。
薬の作用は抗エストロゲン薬として脳内の視床下部に働いて
ゴナドトロピンを放出するホルモン(下垂体性性腺刺激ホルモン)の
分泌を盛んにします。
そうすると脳内の下垂体から分泌されるゴナドトロピン(LH・FSH)
の分泌が盛んになり、そのゴナドトロピンが卵巣を刺激し
卵巣から排卵が起こることになり、その効果を期待する薬剤です。
この薬は安全に排卵を起こすことができ、双胎(双子)以上になる可能性は低いと
言われていますが、比較的弱い薬なので、重症の排卵障害に対する効果は
いまひとつです。

使用方法は月経周期の第5日目から毎日1〜3錠を5日間内服します。
3錠で排卵をみない場合は、それ以上増量しても効果は期待できないので
他の方法を考えます。



hMG−hCG療法:

クロミッド療法で効果が見られない場合や体外受精で多くの卵胞を
成熟させる場合に用いられる薬剤です。
hMGは閉経妊婦尿中ゴナドトロピンといい、卵胞刺激ホルモン(FSH)と
黄体形成ホルモン(LH)を含んだホルモン製剤です。
商品名はヒュメゴン、パーゴナル、ゴナドリール等があります。

最近はFSH製剤(ほとんどLHを含まない製剤)が適している患者さんもいて
商品名フエルティノームと言うFSH製剤を使うこともあります。

hCGはヒト絨毛性ゴナドトロピンといい、黄体形成ホルモン(LH)と
似た働きを期待して排卵を起こさせます。
使用方法は様々で一定ではありませんが
基本は月経周期5日目から(体外受精なら2日目)毎日(ありは隔日)
hMGを注射し、卵巣内の卵胞の発育を促します。
膣から超音波器具を挿入して、卵胞の大きさを測定し
直径が20mmになればhMG注射をやめ、hCGの注射をします。
hCGの注射後36時間以後に排卵が起こることを期待して性交あるいは
人工授精を行います。
又36時間後に体外受精を用いるために膣から針を入れて卵胞内から
卵を取り出す作業をします。
この治療法で妊娠に至る患者さんも多数いる反面・・・・
この治療で避けることができない問題は、数多くの卵子を排卵することにより
多胎妊娠をすると言う点です。
またもう1点は多数の卵胞が同時に刺激を受け、腫れあがり
卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を起こすことがあるので注意が必要となります。


クロミフェン(クロミッド)の働きと副作用:

クロミフェンは視床下部に対しても、脳下垂体に対しても
排卵を起こすように働きます。
クロミフェンは弱いエストロゲン剤(女性ホルモン剤)であり
エストラジオールと競合的にエストロゲンレセプターと結合し
そのレセプターを減少させることにより血中のエストロゲン低下状態を作り
官能間脳からのLH−RHの分泌を促進し、下垂体からSDH、LHを分泌させ
卵胞の発育と排卵を誘発します。

またクロミフェランの副作用の頻度はそう多くはありませんが
頸管粘液の粘度の増加、量の減少、精子が頸管粘液を通り抜けにくくなる
などがあります。
胸が張ったり、乳房に不快感、気分が悪かったり、発疹、めまい、うつ状態
になることもまれにあります。

クロミフェン投与剤では70〜80%の無排卵症の人が排卵します。
エストロゲン不足になっている低ゴナドトロピン性卵巣機能低下症
高プロラクチン血症、早発閉経の症例ではクロミフェンにはあまり搬送しません。
クロミフェン治療による妊娠率は30〜40%になります。



hMGの効果と副作用は?:

hMGは直接卵巣にある卵胞を刺激して発育を促します。
hMGは量が少ないとないと効かないし、多量投与すると効き過ぎ
多胎妊婦や卵巣過剰刺激症候群を起こすので、この薬の使用は
厳重にモニタリングが必要です。
またたhMGを投与すると一時的に発熱が起こったり、関節痛があったり、
注射部位に皮下の炎症を起こすこともあります。


経膣プローブを用いた超音波によって
卵胞径(卵胞の大きさ)や卵胞数の観察
血中または尿中エストロゲンの測定、頸管粘液の性状チェックなどにより
卵巣の刺激状態をモニターするなどで防ぐことができます。



人間も動物です。
感情が体に影響することはすごく大きいです。
気分がよいときには食事も美味しく食べれます。
逆に落ち込んでいるときは、食事すら喉を通りません。

排卵も似たようなものかなぁと思うときは私は多かったかな。
たとえ薬を飲んではイランするにしても、脳に対する影響はあるのだから
くよくよせず、あるがままを受け入れて、前向きに考えて行きましょう^^
きっと妊娠できますよ♪




ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る



0から始める妊娠計画
© 2009 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved