ごあいさつ 自己紹介 更新履歴 掲示板(BBS) Blog メール リンク集 お役立ちHP


準備段階
検査と治療
高度生殖医療
占い
オンラインショップ



タイミング指導

数々の原因を調べて妊娠しない原因が解れば次の治療に進みます。
医師からの説明を十分に受けた後に治療方法を選択することになります。

一般的にまずタイミング指導を受けて妊娠に導くようにします。
『卵子に精子を近づけること』これが不妊治療の根本です。
排卵日にあわせて夫婦生活をを行う形となります。


その後、経過が芳しくない場合に...
人工授精・体外受精・顕微鏡受精にステップアップします。
いきなり、人工授精・体外受精を選択することは少ないでしょう。

夫婦生活のタイミングがあっていないため
妊娠に至らないというケースが多々あります。
こんな場合には排卵日を正確に調べて夫婦生活を行う
『タイミング指導』を行います。
検査の結果、卵管の詰まりもなく、男性側の問題もなく
年齢的・時間的に少し余裕のあることが前提となります。

タイミング指導はほとんどが保険適用され
体にも財布にも優しい治療法です。

1)おおよその排卵予測日
 過去の基礎体温表から、おおまかに排卵が起こりそうな日を予測します。

2)卵胞サイズをもとに予測日を修正します
 排卵誘発剤を使わない自然周期の場合は、
卵胞直径20ミリくらいになったところで排卵することが多いのです。
そこで、排卵予測日の3日程度前を目安に病院へ行き
超音波検査で卵胞のサイズを測り、 それをもとに予測を微調整します。


3)排卵3日前に先遣隊を送り込みます
検査の結果、やはり3日後あたりに排卵が起こりそうだということになれば
その日に一度夫婦生活を持っておきます。
万が一予測日がずれた場合にそなえて
条件がよければ女性の体内で数日間は生きている
精子のほうを先に送り込み
卵管でスタンバイ
させておこうという作戦です。

4)排卵検査薬が陽性になったら夫婦生活を!
ドクターに指示された日から、排卵検査薬(尿中LH検査薬)を使いはじめます。
陽性になったら、その日か翌日には排卵が起こると考えられますので
できるだけ
排卵前に夫婦生活を持つようにしましょう。

5)排卵確認&ヒューナーテスト
夫婦生活をもった翌日に来院し
超音波で
本当に排卵したかを確認
、ヒューナーテストで
精子は子宮内に侵入できているかをみます。

6)黄体機能を調べます

さらに1週間後の高温期中期(着床時期)に
着床や妊娠維持に重要な役割を果たす
黄体ホルモンの分泌量
血液検査で調べます。
同時に、超音波検査で
子宮内膜の厚さが十分かどうかもチェックします。






『この日が排卵日だから!』と夫が体調があまりにも悪い日に
仲良しの強要をしないようにしましょう。
体調が悪い日にセックスしたら、風邪が悪化したりと...大変になることも。
また、夫も妻の排卵日前後は予定を詰めないようにしましょう。
子供ができる前から、色々な拘束があるのは大変ですが....
ここで仲たがいするようなことがあっては元も子もないですよ〜。


また、排卵障害の治療薬を服用し、きちんと排卵誘発を併用と共に
タイミング指導がなされることが多いです。

薬と言っても、月経周期にあわせてクロミッドやセキソビットなどの薬を
何日間か飲み排卵を促します^^
難しく考える必要はありません。
ホルモン剤なので、体が持っている成分です。
催奇性などに対する心配はいりませんよ^^


ページTOPへ戻る / HOMEへ戻る



0から始める妊娠計画
© 2009 ふくちゃん&てっちゃん All right reseved